スマートフォン解析
お知らせ

順調にシーズンを折り返しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
夏イチゴのシーズン経過

2019年の夏イチゴ、シーズン前半は順調

4月に定植し、6月から出荷を開始した今シーズンの夏イチゴ。今年も、最もおいしく最もつくるのが難しい品種「なつあかり」を作付けしました。

今年から栽培方法を少し改良した結果、昨シーズンより更に糖度が上がり、平均11をキープしております。

当農園のお客様はリピーター様が多いですが、その改善を感じて頂けた方も多く、チャレンジして良かったです。

夏イチゴのシーズン経過

たわわに実る夏イチゴ

夏イチゴのシーズン経過

更に美味しくなった「なつあかり」

収穫は7月後半頃にピークを迎え、その期間は非常に忙しくしておりましたが、現在は少し落ち着いて、空いた時間を使って手入れなどをして過ごしています。

 

猛暑の後遺症が心配

しかし、油断は禁物。全国的に猛暑となった8月、秋田も例外ではありませんでした。連日35度レベル、夜の気温も下がりにくい日が続きました。

その過酷な期間でもイチゴを成らせていたため、恐らく株はかなり体力を消耗していると思います。この影響が、9月以降の収穫に出なければ良いのですが。

とは言え、人間ができる最大限の栽培管理をし、なるべく影響が出ないように対策をしたつもりです。

夏イチゴのシーズン経過

非常に厳しい日差し

夏イチゴのシーズン経過

暑さの影響を緩和する栽培管理

 

シーズン後半も気合を入れて

現状、健康な花がどんどん出てきているので、見た目的には問題無さそうに思います。9月以降も、夏イチゴのシーズンが終わる11月まで、しっかり栽培を継続できそうです。

夏イチゴのシーズン経過

開花は継続!

予想よりも大変多くのご注文を頂いたため、一部、ご家庭用の通販商品などは新規ご注文受付をストップするなど、ご迷惑をおかけしております。生産量に余裕が出るようになり次第、再開させていただきます。

 

夏イチゴシーズンも残りあと3カ月

ここから先は、いかに夏イチゴの株の生育を衰えさせずに保つか、ということが肝。お待ちいただいている方、当農園の夏イチゴに期待して頂いている方に、しっかりと、品質の良い夏イチゴをお届けできるよう、引き続き頑張ります。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>