スマートフォン解析
ourpolicy99

ベストな夏イチゴを、誰でも、いつでも好きな時に使える手軽さで。それが私たちが目指す産地直送販売。 

イチゴは暑さにとても弱く、実は夏や秋は国内でほとんど生産されません。少しだけ採れる希少な国産夏イチゴも、スーパーや八百屋に陳列されるもっと前の段階で、限られた人しか買うことのできない状況が続いています。

あらゆるイベントシーンに欠かせないイチゴだから、欲しい時、使いたい時にちゃんと手に入る。そんな、誰にでも身近な夏イチゴづくりをしたい。追熟のきかない繊細な果実だから、イチゴ狩りのような鮮度をお店やご家庭でも体験して頂きたい。買えるだけマシじゃなくて、その時期、一番おいしいイチゴを選んで食べてもらいたい。それが私たちの生産者としての願い、そして産地直送販売がその答えです。

strawberry

 

なつあかり。夏の希望の明かりになる、用途が多彩なたったひとつの夏イチゴ。

夏から秋にたくさん輸入されるイチゴの代替として、味よりも、多収性や耐暑性が優先改良されてきた夏イチゴ。いつしか”不味いもの”、”単なる装飾品”と扱われるようになりました。

日本の夏においしいイチゴを取り戻すと、国の研究機関が総力を挙げて誕生させた品種が、なつあかりです。特徴は、バランスの良い甘酸っぱさ。従来のショートケーキのトッピングはもちろん、今までの日本の夏には無かった様々なメニューや食べ方を、実現することができます。

最もおいしく最もつくるのが難しいと言われ、その栽培の難しさから、生産量は夏イチゴ全体の1%にも達していませんが、私たちはこの品種の可能性を信じ、栽培技術を磨いています。

「なつあかり」の様々な楽しみか方が全国に広がっています

「なつあかり」の様々な楽しみ方が全国に広がっています

 

必要な日にちや量を教えてください。秋田の農園から、ご注文に合せて収穫した夏イチゴをお届けします。

お問い合わせ方法は、電話、FAX、メール、Lineなど、ご都合の良い方法をお選び頂けます。もしAmazonやYahooショッピングの会員なら、あとたった数回のクリックでご注文が完了します。

 

夏イチゴ栽培のおいしいこだわりをご紹介します。

イチゴの栽培にかかる期間は1年以上。生産者の価値観や栽培方針によって、果実の中身も、食べる人の食体験も変わります。

私たちは、ただ農作業をこなす現場ではなくて、夏イチゴが育つ過程と、それを手に取る人のイチゴライフを繋ぐことができるような、そんな農園でありたいと思います。

植物のことを良く理解し、食べる人のこと想えば、夏イチゴ栽培はもっと変わっていく。そんな考えを基にした、ストロベリーファームの栽培方針の一例を、写真でご紹介します。

 

Pocket